「犯罪の発生を未然に防ぐための方法」

犯罪は、欲望が理性の抑制を超えると生じます。

そして、発生には、遺伝のような先天的
な素因と環境素因が関与しています。

先天的な素因の例としては、サイコパスのように器質的な脳の形成異常がある人が挙げら
れます。
こういう人は、集団の中に一定確率で出現し、犯罪を犯しますが、脳の器質的な異常が原
因のため、彼らの行動の矯正は困難な場合があります。

次に、環境素因についてですが、
① 低栄養などによる脳の発達・機能不全
② 幼少期からの教育不全
③ 生活環境が劣悪な場合
などが挙げられます。

①については、脳の機能障害が生じると問題行動の抑制が効かなくなります。これは、認
知症の高齢者の問題行動と似たようなものです。また、機能障害には可逆的な場合と不可逆的な場合があります。機能障害をきたす例として、比較的治療しやすいものとして、低栄養が挙げられます。
貧困層の子供などでは、偏食を減らし、学校給食などで不足した栄養素や魚油を補うだけ
でも問題行動(犯罪率)は下がると思われます。

②については、
教育には、反復指導や行動の強制により、社会に望ましい基本的な行動習性を習得させる
目的があります。
そのため、子供の教育では、下記が必要です。

A 代表的な人物像(歴史的偉人や英雄像、昔の修身の授業)を提示します。抽象化能力の未
発達な子供では、具体的な行動パターンを物語り形式で示す必要があり、授業後に登場人物のどこが良くてどこが悪いかを討論するのが良いでしょう。

B どういう行為が善で、どういう行為が悪かを根拠(行為による社会的な影響)を考えさせ
て指導します。規則の背景を教えずに単純な善悪だけを教えると、融通の利かない人物に育ちます。

C 身なりを整える事
人は着ている服装のようになります。
(ナポレオン・ボナパルト )

③については、
衣食住足りて礼節を知ると言う言葉があるように、生活が維持できない人に窃盗するなと言
うのは無理があります。そのため、基本的な生活保障制度の整備が必要でしょう。生活環境が劣悪な場合、自立までの見通しを立ててあげる事が必要です。

上記に述べたのは、犯罪の発生そのものを減らす方法になります。
もちろん、魔が差す場合
もありますが。
上記に加えて、一般的な周知活動と取り締まりも必要です。


カウンター
プロフィール

服部 泰輔

Author:服部 泰輔
初めまして。服部 泰輔と申します。
本研究所は、日本の社会問題の 解決策を提案する政策研究所です。

本拠地は、愛知・岐阜になります

現在の日本では、高齢者向けの福祉を中心に拡充しつづけた結果、
教育・家族・労働者向けの予算は先進国の最低水準となっています。
また、大学の予算(科学研究予算)も減額が続いています。

これは、将来への投資を限界まで切り詰め、高齢者福祉に充てている末期的な状態と言えるでしょう。

さすがに、
この状況を放置しつづけると、
日本は破綻してしまいます。

将来的には、政党を立ち上げ、専門家・学識者で構成された政党を作りたいと考えています。

ですが、最終目的は社会の修復ですので、手段にはあまりこだわらずに状況に応じて柔軟に考えていきます。

気が向いたら、ご協力いただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR