「医療経済学会 2016年秋」

医療経済学会 2016年秋に参加したときの考察です。

日本では少子高齢化が進むと同時に、医療の高度化による高額化と介護費が増大する事に
伴う財政の硬直化をきたしています。
そのため、今後は、有限な社会保障費の適性分配をする必要性があります。そして、諸外
国とは、保険制度や薬価が異なるため、我が国独自の適正化が必要です。
本学会では、医療・介護資源の適性分配を達成するための研究を行っている模様です。
政府からは、単一で多額の費用を占める薬剤や治療法の費用対効果を依頼し、検証してい
ったりするのが良いと思います。

「日本の医療費と介護費について」...
日本の医療費を考える上でのポイントは、
① 高齢化率は上昇していく。
② 医療・介護費ともに年齢とともに上昇する。
の二つです。

医療費と介護費の対策としてとすべき事は、
① 治療理念を「青壮年期までしっかり、老年期はほどほど、終末期は自然に看取る。」に変
更します。
② 「命は地球より重いではなく、治療や検査適応は、年齢・病状・医療介護費を考慮して、
医師が決める。」に変更します。
③ 医療訴訟は防衛医療を避けるためにできる限り少なくします。
以上です。

医療費について覚えておきたい事としては、
① 諸外国と比較して、主治医制という病院へ医師を拘束する制度により、人件費は安く抑え
られています(将来的には時間担当制にすると人件費が著しく増大するため、主治医制は残したまま、長期休暇制とします。)ので、人件費は削減していく必要はなく、高額な薬剤費の削減が必要です。
② 病床数は諸外国の数倍あり、本来であれば半分以下で対応できます。しかし、病床数を削
減するため、医療費全体を削減し、病院を赤字にすると、検査などを増やし、医療給付を増大させて対応するため、余分な検査・受診が増えてしまいます。
そのため、病床数全体は増やさず、急性期病床数は削減して、慢性期病床を増やし、社会
的入院を増やしていくのが良いでしょう。

介護については、終末期に延命治療をやり過ぎなければ、介護必要期間は短縮されるでし
ょう。

カウンター
プロフィール

服部 泰輔

Author:服部 泰輔
初めまして。服部 泰輔と申します。
本研究所は、日本の社会問題の 解決策を提案する政策研究所です。

本拠地は、愛知・岐阜になります

現在の日本では、高齢者向けの福祉を中心に拡充しつづけた結果、
教育・家族・労働者向けの予算は先進国の最低水準となっています。
また、大学の予算(科学研究予算)も減額が続いています。

これは、将来への投資を限界まで切り詰め、高齢者福祉に充てている末期的な状態と言えるでしょう。

さすがに、
この状況を放置しつづけると、
日本は破綻してしまいます。

将来的には、政党を立ち上げ、専門家・学識者で構成された政党を作りたいと考えています。

ですが、最終目的は社会の修復ですので、手段にはあまりこだわらずに状況に応じて柔軟に考えていきます。

気が向いたら、ご協力いただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR