「日本国憲法 第9条について」

「はじめに」
日本国憲法の第9条は、「平和主義」に関して規定したものであり、日本国憲法が平和憲法と呼称される所以ですが、内容としては、きわめて非現実的な理想を謳っています。

そのため、現実世界には適応できず、憲法を拡大解釈することで、自衛隊の存在や活動範囲を認めています。
今回は、第9条についての見解を述べます。


「第9条の条文と内容とその背景について」
憲法の条文は下記の通りです。

第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
第二項 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。 国の交戦権は、これを認めない。

この文面を拡大解釈せずに文面通りに解釈すると、下記の通りとなります。

 ① 戦争の放棄  ⇒ 侵略戦争、及び、自衛権の放棄
 ② 戦力の不保持 ⇒ 日本の武装解除
 ③ 交戦権の否認 ⇒ 侵略されても戦わない。

つまり、第9条は、自国を自前の武力で守ることを最初から放棄しています。

終戦時の世界情勢を考慮すると、ほとんどの有色人種の国家は、欧米列強の植民地です。また、日本は米国の占領下であり、一手を間違えると、日本は国家解体され、植民地となりうる状況です。

そのため、当時の為政者の心情としては、理想主義に心頭できるほど、平和ではなく、何らかの意図があったと考えるのが、適切です。

第9条の憲法制定の背景を推定すると、下記の通りとなります。

 ① 平和への願い
 ② ポツダム宣言の条件
 ③ 軍事費の削減による日本の戦後復興の促進
 ④ 国防(対ソビエト連邦など)負担の米国への転嫁
 ⑤ 米国への絶対服従の意思を伝えることによる印象操作

①の平和への願いは、第二次世界大戦により、軍人、民間人を含め、日本国の死亡者は、約310万人に達しており、もちろん存在していました。
②については、ポツダム宣言の9条と11条に武装解除の条件が課されています。
③については、戦前の軍事費は、平時でも国家予算の約3割に及びます。
④については、ロシア、及び、ソビエト連邦の南進への対策は、日本の国防上、重要な課題でした。
⑤については、受託したポツダム宣言に武装解除の条件があるにも関わらず、再軍備を主張すれば、国家解体の恐れがあります。また、米国に対して絶対服従の意を伝えることが必要です。


「講和条件と日本国憲法、及び、第9条について」
平和憲法は、第二次世界大戦で大きな犠牲を払ったため、制定されたと考えている人もいますが、それは間違いです。
それは、講和条件が変化した場合に、当時の日本人がどのような行動をするかを想像すると分かります。

講和条件が、ポツダム宣言から、海外植民地の全面放棄と賠償金になったと仮定します。
その場合は、講和条約の締結後に、日本人は天皇を中心とした国家体制を変革せず(日本国憲法は制定せず)に、粛々と復興に勤しむことになります。
また、米軍が駐屯していない状況での完全な武装解除は、ソビエト連邦の北海道への侵攻を誘発するため、早期の再軍備を試みることになるでしょう。


「将来の第9条の内容について」
以上のことから、第9条とは、当時の国家状況に応じて制定したものであり、平和憲法でも何でもありません。

そのため、憲法改正時には、下記の通りにする必要があります。

 ① 侵略戦争の放棄と、自衛戦争の行使 
 ② 国防軍の設立
 ③ 交戦権の容認

(*日本からは攻撃しませんが、降りかかる火の粉は払います。)


「まとめ」
日本国憲法 第9条の本質は、日本の生き残りをかけた苦肉の対米(及び、その他、連合国)への懐柔策であり、日本国の武装解除が目的です。
現在の日本は、武装解除された状態で、自衛隊等の再軍備をすすめた結果、矛盾が生じており、
将来的には、第9条の憲法改正が必要でしょう。
カウンター
プロフィール

服部 泰輔

Author:服部 泰輔
初めまして。服部 泰輔と申します。
本研究所は、日本の社会問題の 解決策を提案する政策研究所です。

本拠地は、愛知・岐阜になります

現在の日本では、高齢者向けの福祉を中心に拡充しつづけた結果、
教育・家族・労働者向けの予算は先進国の最低水準となっています。
また、大学の予算(科学研究予算)も減額が続いています。

これは、将来への投資を限界まで切り詰め、高齢者福祉に充てている末期的な状態と言えるでしょう。

さすがに、
この状況を放置しつづけると、
日本は破綻してしまいます。

将来的には、政党を立ち上げ、専門家・学識者で構成された政党を作りたいと考えています。

ですが、最終目的は社会の修復ですので、手段にはあまりこだわらずに状況に応じて柔軟に考えていきます。

気が向いたら、ご協力いただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR