「日本内科学会 2018年」

本日は、日本内科学会に参加しました。

医学の進歩は著しく、各分野で新しい治療法が次々と開発されています。
内科学の動向を把握するには良い学会です。
今回は、医療サービスの需要・供給コントロールについて述べます。

「医療サービスの需要・供給コントロールについて」

日本の医療は、アクセス・コスト・クオリティの両立を達成していました。
これは、つまり、
① 全ての人が希望するときに
② 保険適応内で最善の医療を
③ 安価で、一定の限度の負担内で享受する
事ができる制度であったという事です。

そして、この制度を達成できた背景としては、
① 高齢者の少ない人口構造
(持病の数は、年齢に応じて増加する。)
② 最大の医療コストである人件費の圧縮
(医療需要の無制限の拡大 → 医療手技の価格の抑制 → 医療従事者1人あたりの担当数の増加・労働時間の長時間化)
③ 高額な薬剤・医療手技があまりなかった。
事が挙げられます。

しかし、医療の進歩と社会の高齢化が進むにつれて、この前提は崩れてしまい
① 高齢化に伴う医療の総需要の増大
② 高額な薬剤・手技の出現
により、人件費の圧縮では対応できなくなりました。

そもそも、医療(介護含む)は、公衆衛生、小児・現役世代の健康維持による労働力の確保目的で行う分を除き、将来投資にはならず、経済成長の果実として余剰分で行う性質のものです。
これまでは、希望する人全員に保険適応内で希望するだけの医療サービスを供給していましたが、これからの高齢化の進む社会では、医療サービスの需要・供給のコントロールが必須となります。

その方法は、下記の点を考慮する必要があります。
① 人生ビジョンの策定
② 医療給付の決定の主体の明確化
③ 医療給付の適正化
 → 医療給付の意思決定の適正化
 → 保険適応の範囲の適正化
 → 受診行動の適正化
 → 年齢・病状による給付の適正化
 → 地域・1人あたりの給付の適正化

これからの時代の人生の医療ビジョンは、
① 公衆衛生による疾病の発症抑制
② 個人の自発的な健康増進活動
③ 健康診断による早期発見・早期治療
(生活習慣病、がん検診 他)
④ 安価で確立された治療法は、保険適応とし、全国民に給付する。
高価な治療法は、対象を限定して研究目的、あるいは、個人負担で行う。
⑤ 疾患の進行時には、緩和ケア。
⑥ 病死、安楽死、老衰による自然死
となります。
カウンター
プロフィール

服部 泰輔

Author:服部 泰輔
初めまして。服部 泰輔と申します。
本研究所は、日本の社会問題の 解決策を提案する政策研究所です。

本拠地は、愛知・岐阜になります

現在の日本では、高齢者向けの福祉を中心に拡充しつづけた結果、
教育・家族・労働者向けの予算は先進国の最低水準となっています。
また、大学の予算(科学研究予算)も減額が続いています。

これは、将来への投資を限界まで切り詰め、高齢者福祉に充てている末期的な状態と言えるでしょう。

さすがに、
この状況を放置しつづけると、
日本は破綻してしまいます。

将来的には、政党を立ち上げ、専門家・学識者で構成された政党を作りたいと考えています。

ですが、最終目的は社会の修復ですので、手段にはあまりこだわらずに状況に応じて柔軟に考えていきます。

気が向いたら、ご協力いただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR