FC2ブログ

「日本印刷学会 紙メディアシンポジウム 2018年」

本日は、日本印刷学会の「紙メディアシンポジウム」に参加しました。

古来から、紙は記録の保存と情報の伝達に使われていました。
近年の通信情報技術の進歩に伴って、デジタルメディアは発達し、ペーパーレス化がすすめられています。
しかし、紙とデジタルは、記録・通信媒体としての特性に違いがあり、将来的には、それぞれの特性を活かす形での住み分けが生じます。

今回は、紙・デジタルメディアの将来について考察します。

紙メディアとデジタルメディアの違いは、記録の方法、保存期間、情報量、情報伝達の手段と労力が異なる点が挙げられます。
これらの点からは、いずれは、紙メディアは、デジタルメディアに置換されるように思えます。

しかし、紙とデジタルメディアの間の最大の違いは、人間の五感の中で、使う感覚と入力される情報量に違いがあることです。
情報の入力の面では、文字を記録する際には、紙には文字を書きますが、パソコンは、指先でタイプします。
文字を書く方が、脳内で処理される情報量は多いと思います。

情報の出力の面では、文章を読む際には、紙では、文字情報のみでなく、紙の質感、音、本の空間認識などの非常に多くの感覚から情報が入る一方で、デジタルメディアは、パソコン上の文字を追い、画面が変化するだけと思います。
付随する情報量が多い(脳への負荷が大きく、エピソードと関連付けやすい?)ほど、記憶の定着には有利に働くと予想されます。

この事を踏まえると、
① 記憶に残す必要がない情報(例 漫画・小説)
→ デジタルメディア

② 頭を使う記憶に残す必要がある情報(例 教科書・絵本) → 紙メディア
③ おおよその枠組みは知っているが、必要な情報だけ取得したい場合 (例 専門分野の論文 )
→ デジタルメディアで飛ばし読みと検索

熟読するときは 紙メディアになると思います。

教科書などで学習する場合には、紙メディアのメリット(感覚・記憶・書きこむ)と、デジタルメディアのメリット(検索・動画・音)の両者があると有利です。

将来的には、教科書は、紙とデジタルが同じ内容で両方存在し、デジタルでは動画や音・検索で情報を付け加える形になるでしょう。

追伸

今日の話で、ソニーは、デジタルペーパーの話をしていましたが、デジタルホワイトボードも開発するとニーズがあると思いますよ。
カウンター
プロフィール

服部 泰輔

Author:服部 泰輔
初めまして。服部 泰輔と申します。
本研究所は、日本の社会問題の 解決策を提案する政策研究所です。

本拠地は、愛知・岐阜になります

現在の日本では、高齢者向けの福祉を中心に拡充しつづけた結果、
教育・家族・労働者向けの予算は先進国の最低水準となっています。
また、大学の予算(科学研究予算)も減額が続いています。

これは、将来への投資を限界まで切り詰め、高齢者福祉に充てている末期的な状態と言えるでしょう。

さすがに、
この状況を放置しつづけると、
日本は破綻してしまいます。

将来的には、政党を立ち上げ、専門家・学識者で構成された政党を作りたいと考えています。

ですが、最終目的は社会の修復ですので、手段にはあまりこだわらずに状況に応じて柔軟に考えていきます。

気が向いたら、ご協力いただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR