「電子情報通信学会 (2017年総合大会)」

本日は、電子情報通信学会に参加しました。

 

本学会は、先週の情報処理学会よりも基礎に近く、通信の基礎技術の研究が多くなっています。

聴講した通信技術の今後の課題としては、通信量がIOTの普及に伴い急速に増大していく事への対応が問題となっています。

 

一般的に、技術の進歩と共に専門性は上昇し、各人の担当範囲は深化・細分化していくため、全体像は見えにくくなります。

そのため、研究をする場合は、全体のどこに位置しており、どのような社会的な意義があるかを常に考える必要があります。

専門家は視野狭窄に陥り易いので、分野全体を一歩引いて広い視点から見ることで全体を統合し、新たな価値を生み出す各分野のジェネラリストの育成も将来的に必要でしょう。

 

全く見たことのない他の基礎分野でも大まかな流れは掴めるものであり、
一層下の基礎部分を見ると、全体をより深く理解できるようです。
まうるる一般的に、技術の進歩と共に専門性は上昇し、各人の担当範囲は深化・細分化していくため、全体像は見えにくくなります。
そのため、研究をする場合は、全体のどこに位置しており、どのような社会的な意義があるかを常に考える必要があります。
専門家は視野狭窄に陥り易いので、分野全体を一歩引いて広い視点から見ることで全体を統合し、新たな価値を生み出す各分野のジェネラリストの育成も将来的に必要でしょう。

本日は、電子情報通信学会に参加しました。

 

本学会は、先週の情報処理学会よりも基礎に近く、通信の基礎技術の研究が多くなっています。

 聴講した通信技術の今後の課題としては、通信量がIOTの普及に伴い急速に増大していく事への対応が問題となっているようです。

 

 一般的に、技術の進歩と共に専門性は上昇し、各人の担当範囲は深化・細分化していくため、全体像は見えにくくなります。

そのため、研究をする場合は、全体のどこに位置しており、どのような社会的な意義があるかを常に考える必要があります。

 専門家は視野狭窄に陥り易いので、分野全体を一歩引いて広い視点から見ることで全体を統合し、新たな価値を生み出す各分野のジェネラリストの育成も将来的に必要でしょう。

 

一応、全く見たことのない他の基礎分野でも大まかな流れは掴めるものであり、一層下の基礎部分を見ると、全体をより深く理解できるようです。一般的に、技術の進歩と共に専門性は上昇し、各人の担当範囲は深化・細分化していくため、全体像は見えにくくなります。
そのため、研究をする場合は、全体のどこに位置しており、どのような社会的な意義があるかを常に考える必要があります。
専門家は視野狭窄に陥り易いので、分野全体を一歩引いて広い視点から見ることで全体を統合し、新たな価値を生み出す各分野のジェネラリストの育成も将来的に必要でしょう。

一応、全く見たことのない他の基礎分野でも大まかな流れは掴めるものであり、一層下の基礎部分を見ると、全体をより深く理解できるようです。

 

カウンター
プロフィール

服部 泰輔

Author:服部 泰輔
初めまして。服部 泰輔と申します。
本研究所は、日本の社会問題の 解決策を提案する政策研究所です。

本拠地は、愛知・岐阜になります

現在の日本では、高齢者向けの福祉を中心に拡充しつづけた結果、
教育・家族・労働者向けの予算は先進国の最低水準となっています。
また、大学の予算(科学研究予算)も減額が続いています。

これは、将来への投資を限界まで切り詰め、高齢者福祉に充てている末期的な状態と言えるでしょう。

さすがに、
この状況を放置しつづけると、
日本は破綻してしまいます。

将来的には、政党を立ち上げ、専門家・学識者で構成された政党を作りたいと考えています。

ですが、最終目的は社会の修復ですので、手段にはあまりこだわらずに状況に応じて柔軟に考えていきます。

気が向いたら、ご協力いただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR