「情報処理学会 (第79回全国大会)」

情報処理学会に参加して考えたことです。

 

情報学は、情報の取得・処理の技術革新を基礎として、既存分野を学際的に統合することにより、新規の価値を生み出す分野です。

学問の性質上、基礎研究以外の応用研究では、多分野に渡る知識の習得やフィールドワークを通じた情報の取得や理論の検証を行っています。

 

短所としては、学問を複数の分野にわたり、学際的に行うため、各分野の掘り下げが低く、広く浅い知識の習得になる事です。対応としては、他学部を卒業し、特定の他分野を習得、あるいは、就職後の再教育の制度を整える事が必要でしょう。

 

大学教育においては、一般ビジネスに必要とされる基本要素が多く、企業が大学に求める専門性を必要としない人材像と非常にマッチしています。

〇 企業の求める人材技能(専門性なし)

 ① 新規分野の自発的な情報収集能力

 ② 取得情報の評価と処理

 ③ 多分野の統合による新規の価値創造

 ④ IOTへの理解

 

将来的には、成長が見込める分野であり、就職後の従業員の再教育にも適していると思います。

、学問を学際的に行うため、各分野の掘り下げが低く、広く浅い知識の習得になる事です。対応としては、他学部を卒業し、特定の他分野を習得、あるいは、就職後の再教育の制度を整える事が必要でしょう学科参加して
学会参加

多くの種類の学会に参加して感じることは、IOTなどの新規の分野には、帝大は少なく、私立大学などの学校が多いことです。

大学教育においては、一般ビジネスに必要とされる基本要素が多く、企業が大学に求める専門性を必要としない人材像と非常にマッチしています。
(企業の求める人材技能(専門性なし)
① 新規分野の自発的な情報収集能力
② 取得情報の評価と処理
③ 多分野の統合による新規の価値創造
IOTへの理解 )

将来的には、成長が見込める分野であり、就職後の従業員の再教育にも適していると思います。

 

カウンター
プロフィール

服部 泰輔

Author:服部 泰輔
初めまして。服部 泰輔と申します。
本研究所は、日本の社会問題の 解決策を提案する政策研究所です。

本拠地は、愛知・岐阜になります

現在の日本では、高齢者向けの福祉を中心に拡充しつづけた結果、
教育・家族・労働者向けの予算は先進国の最低水準となっています。
また、大学の予算(科学研究予算)も減額が続いています。

これは、将来への投資を限界まで切り詰め、高齢者福祉に充てている末期的な状態と言えるでしょう。

さすがに、
この状況を放置しつづけると、
日本は破綻してしまいます。

将来的には、政党を立ち上げ、専門家・学識者で構成された政党を作りたいと考えています。

ですが、最終目的は社会の修復ですので、手段にはあまりこだわらずに状況に応じて柔軟に考えていきます。

気が向いたら、ご協力いただければ幸いです。

最新記事
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR